タグ / ペンハリガン

記事
香水瓶の蓋が折れた!緊急企画 アトマイザーの使い方 [2017/08/24 22:21]
ぽっきり最悪です!ペンハリガンのミニチュアコレクション。容器も可愛く、いずれも大事にしようと思っている香水です。ところがですね、瓶の蓋がぽっきり折れてしまいました。上の写真をみていただければ分かると思いますが、元々は右のエンディミオンの状態が正常(エンディミオンの記事はこちら)。左のクァーカスは蓋の玉の部分がないでしょう?小物入れに入れていたらいつのまにか折れていました。ショックです。 スポンサーリンク アトマイザーに移し替えこのままでは使えません。容器を密封している棒状の部分をどうにかして押し込み、アトマイザーに移し替えることにします。 アトマイザーとは、香水を携帯用に小分けにする容器のことです。元々ミニチュアボトルで携帯性抜群なので、こういう理由でアトマイザーを使うとは思ってもいませんでした(笑) スプレータイプと、香水を直接塗り込むロールオンタイプがあります。今回はスプレータイプを使います。 アトマイザーには、詰め替えノズル、ジョウゴなどの付属品がついています。それぞれ使い方を説明していきます。ジョウゴは詰め替えノズルのサイズが合わない場合などに使います。 ノズルの使い方 ・香水本体のスプレー部分のプッシュボタンを外す ・ノズルを差し込む ・ノズルの先を瓶に差し込みプッシュして移し替える ジョウゴの使い方 ・ノズルを瓶..
紳士の香り!まだ間に合う?父の日にペンハリガン ブレナムブーケを! [2017/06/17 16:21]
100年以上愛された香りみなさん、こんにちは。 前回の記事を書いて一息ついていたのですが、他の香りも匂いたくなって手に取ったのがブレナムブーケ オードトワレ。やっぱりイイ!と、テンションが上がって連続で書くことにしました(笑)。しばらく使っていなくて自分の中での存在感が薄くなっていました。ペンハリガンさん、すみません。。 スポンサーリンク チャーチルも愛用誕生したのは1902年。100年以上愛された香りです。明治35年、日露戦争の2年前ですから歴史の長さを実感できますよね。 ペンハリガンによると「英国オックスフォードシャーにあるマルボロ公爵の邸宅、ブレナム宮殿にインスピレーションを得て誕生した」そうです。マルボロ公爵って言われても…マルボロと言えばタバコを思い浮かべてしまうので調べてみると、第2次世界大戦時の英国首相チャーチルの生家でした。もちろん彼も愛用したそうです。 懐かしい理髪店の香り香調はこんな感じです。 トップ レモン、ライム、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ ラスト パイン、ムスク、ブラックペッパー ミドルはありません。第一印象は懐かしい理髪店の香り。それもそのはず。創業者のウィリアム・ペンハリガンは理髪店からスタートし、英国王室御用達の理髪師兼香水商の称号を授与されたのですから。 目指せ大人の紳士トップのレモンやライムが織り..
夏にも似合うオリエンタルな香り ペンハリガン マラバー [2017/06/17 13:15]
東インドのスパイスルートみなさん、こんにちは。 「なんの香水ですか?」 昨日、会社で階段を上がっていると少し下を上がってくる後輩から声をかけられました。 「いい匂いだなあと思って」 こういう時、やっぱりうれしくなりますね。付けていたのはペンハリガンの「エンディミオン」でした。。 スポンサーリンク というわけで今回もペンハリガンです。 お気に入りブランドです。エンディミオンでも書きましたが、英国王室御用達、150年の伝統を持つブランドです。 マラバーはオードパルファム。ペンハリガン曰く「東インドのスパイスルートを巡る旅をイメージした」香り。香調はこんな感じです。 トップ : レモン、アールグレイティー、グリーンコリアンダーリーフ ミドル : ジンジャー、カルダモン、イリス、ローズ、ナツメグ ラスト : スウィートアンバー、ムスク、サンダルウッド 紅茶とジンジャー最初はレモンやアールグレイティーの甘い香り。ほのかなローズに弾けるようなジンジャーが爽やかさを引き立てます。徐々にアンバーやムスクが顔を出してきます。 軽やかなオリエンタル一番強いのはジンジャーでしょうか。ナツメグなどのミドルのクリーミーな感じも悪目立ちせず、オリエンタル特有の重さも強くありません。拡散性はほどほど。オードパルファムにしては持続力が控えめで、その分、夏にも上..
ペンハリガン エンディミオン コロン [2017/06/09 16:55]
英国王室御用達英国王室御用達の認定証を保有するペンハリガン。 上品な香りがそろうお気に入りのブランドです。 そんなペンハリガンのメンズフレグランスの定番が、ギリシア神話にインスパイアされたというエンディミオンです。 スポンサーリンク エンディミオンはゼウスの息子の羊飼い。 ゼウスの息子では一番のイケメンだったそうです。 月の女神セレネーと激しい恋に落ちますが、美しい彼を永遠に見ていたいと願ったセレネーに永遠の眠りにつかされたんだとか。 私の場合、エンディミオンと言えば「エンディミオンの鷹」こと「ムウ・ラ・フラガ」を思い浮かべてしまいますが…。え?知りませんか?「ガンダムSEED」のですね、ムウさんですよ。あの不死身の… 話がそれました。ムウさんじゃなくてペンハリガンのエンディミオンでしたね。。 爽やかさと男らしさとうーん、確かにハンサムなイメージの香りです。 トップはラベンダーやマンダリンなど、キレのあるシトラス系の香り。 そこからコーヒーの甘さを加えて、徐々に男らしいムスクやサンダルウッドなどが漂うラストへ向かいます。 爽やかなオリエンタル系といった感じでしょうか。 よくあるメンズ向けの香調とはひと味違う個性をアピールできるかと思います。 香りに品があり、苦手な人はいないだろうと思われます。 なので使うシーンを悩むなんてこ..

スポンサーリンク


フレグランスランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 香水・フレグランスへ
にほんブログ村